サラリーマンが不動産投資に踏み出す方法を伝授

模型と婦人

効率的なビジネス

模型を持つ人

収益物件に投資をすることで、低金利の中で高い収益を狙うことができます。しかし、不動産ビジネスを大阪で行う時は、対象物件の特徴と近隣市場と地域市場を知ることが大切です。RC造りのマンションと木造のアパートでは、ランニングコストが大きく違います。RC造りのマンションはマンションの点検やメンテナンスにかけるコストの把握も大切です。木造アパートはランニングコストが低くて、解体して土地だけ売り出すこともできます。そのため、木造アパートは収益率の高さからも人気となっています。大阪は場所ごとの特徴があり、地域市場全体では普通の収益率でも、駅前の物件が特に収益率が高い場合も多いです。特に駅前に商店街が発達している大阪では、駅前の収益物件の人気が高いです。また、収益物件の価格を判断する方法として、DCF法があります。DCFはディスカウント・キャッシュフローの略です。そのため、収益物件の収益力から収益物件の価格を判断するDCF法はとても便利です。不動産ビジネスは借入を活用することで、より高い収益を得ることができます。低金利でお金を借りることができる時代は不動産投資で利益を得やすくて、不動産価格が上昇しやすい時代でもあります。また、土地価格が上昇する地域では、不動産を売却する出口戦略が立てやすい利点があります。現在の大阪は外国人観光客にもとても人気があって、これからも発達していくことを想定されます。そのため、大規模な開発に上手く乗ることも、不動産ビジネスで大切です。