サラリーマンが不動産投資に踏み出す方法を伝授

模型と婦人

賃貸オーナーの負担軽減法

街のイラスト

管理運営を全面委託

アパート・マンション経営は安定性の高い不動産投資法ですが、その反面、業務負担が多いという特徴も持っています。入居者募集の広告活動から契約書の取り交わし、入居後の物件管理や家賃の収納など、経営者としてやらなければならないことはたくさんあります。こうしたことから、最近は物件の管理運営をプロに委託し、すべてを一任するという経営スタイルが普及しています。これをサブリースといいます。サブリースとは、具体的には転貸のことをいいます。つまり、管理会社は物件をオーナーから借り上げ、入居者に転貸することで収益を上げるのです。オーナーに対しては、入居者の収めるべき家賃から管理会社の取り分を控除した額が毎月支払われます。サブリースを導入することで、オーナーは原則として日常業務の一切から解放されます。というのも入居契約自体は管理会社と入居者の間でなされるため、オーナーは直接責任を負わなくてもよくなるからです。物件の清掃や修繕、トラブル発生時の緊急対応などもすべて管理会社が代行します。また、オーナーにとってサブリースは、収入保証の側面も持っています。管理会社からオーナーに支払われる家賃は、契約内容を変更しない限りは常に一定です。なぜなら入居者の確保は管理会社が行うので、たとえ空き室が発生してもその責任は管理会社が負うものだからです。このように、サブリースは業務の軽減と収入の安定化という2つのメリットをオーナーにもたらします。